旅行苦手なのに台湾旅行5日目+台湾感想

今日が最終日。とは言え昼のフライトだからどこも観光する予定はない。朝に空港行くだけ。朝飯食って、荷物をまとめて、ベッド脇にチップを$300置いて出発。チップは初日に渡すと滞在中のサービスが良くなると聞いたが、なんか習慣にないので置き土産になってしまった。

調べた所、ツールド台湾は開始が10時らしいので、見ていくのは無理だった。予定通り9時半頃に出発。タクシーで桃園か松山?とか聞かれたが、国際線は桃園だけじゃないの?(今調べたら、松山も中国と羽田限定で国際線してる模様)

今日も天気悪く、結局台湾で青空見たのってほとんど無いんじゃない?と思いつつ、空港まで40分くらいタクシーに揺られる。

チェックインして、また長い出国列。まずは荷物検査。ペットボトルのお茶を捨てていく。ここでペットボトルではなく、水筒から液体用ゴミ箱にガンガン捨てていく人たちが多い。もったいないとガブガブ飲んでいる人も。

そして引き続き出国検査。なぜか、先ほど捨てたばかりのはずのペットボトルを持っている人がチラホラ。どゆこと?
入国時にもやった両手の人差し指指紋を取り、終了。おみやげタイム。

普通のDuty Freeには用がないので台湾土産を見る。現金は$500しかないが、さすがに大体のパイナップルケーキは買える。でもなんかでかい箱ばっかりで、自分のリュックに入れて持って帰れる気がしなかったので何も買わないことに。

財布にまだ入っている小銭を処分したくてたまらないので、募金箱を探す旅に出る。しかし、一度搭乗口エリアの端まで行ったが全くない。募金箱ってこういうところになかったっけ?
でも、台湾の伝統民族の展示やおもちゃ屋など、なかなか飽きない空港だ。んで、ようやく募金箱あったので財布ひっくり返してジャラジャラしてきた。スッキリ。

ゲートに行ったら、もう優先搭乗していたので、エコノミーの我々は普通に待つ。
席はエコノミーの一番前だった。しかも真ん中だから窓が無い。隣はふんぞり返って座ったおっさんで、自分らが席に入ろうとしても全然よけようとしなかった。

飛んでもいない内に、なんか毛布に毛が付いてるとスチュワーデスに文句を言い始めてイライラ。毛の一本くらい、見つけたらつまんで床に捨てるとかすりゃいいだろ。目の前を人が通りまくってるんだからハラリと落ちてきたのかも知れんだろ。なんであんなことで本気で文句を言えるのか理解できない。
そして毛布を交換させるオッサン。その後、交換したものにもまた毛を見つけたとか言って、「信じられない。気持ち悪いからもういいです」とか言って、スチュワーデス長の謝罪もどこ吹く風。日記書いてて思い出しイライラしてくる。
また何か文句言い出さないかとイライラハラハラして過ごす羽目になった。JALの人も、あんなにヘコヘコしなくていいのに…

一番前の席なので、目の前が壁になっててモニターがなく、肘掛けの下から出すタイプだった。机は肘掛けから出す。まあ、使わなかったけど。
二時間ちょいのフライトだが昼飯がちゃんと出て、たまごとひき肉のそぼろ丼、そば、サラダ、マンゴープリンと、ちょっと中華臭ただようものだったが美味しかった。

そして帰国。日本は涼しいね。

  • 台湾全体的感想
  1. 気候
    3月だったが28度とか、普通に暑い。昼間はTシャツでもいいくらい。
    夜でもせいぜい涼しい、くらいで寒くはない。上着一枚あれば問題ない。
    滞在中だけだったのかもしれないが、いつでも曇っていた。雨は降らなかったが。青空を見た記憶がない。

  2. 環境
    暖かいからか、緑が青々としており、花もきれい。
    結構大事なことだが、花粉が無いのか自分は花粉症が出なかった。快適に観光できる。

    町並みは思ってたよりは汚い…。当然、ダウンタウンとかはキレイな建物が多いが、それでもなんか薄汚れてるのがあったり。でも、ゴミが散らかっているということは無かった印象。日本だったら主要都市の駅周辺でもゴミだらけとかだしな。

    パチンコとか、そういうギラギラしたネオンがなく、デパートの照明などもとても落ち着いており、いい雰囲気。夜景がとてもきれい。それもあって台北101ビルの展望台からの夜景は見てみたかったが、いつも曇っていたので行っていない。

    喫煙は結構よく見る。喫煙所がそこら中にあるからよく吸ってるように見えるが、歩きタバコはあんまり見ないかな。観光客はよくやってる。

  3. 交通機関
    地下鉄、電車、タクシー、バスと、交通機関が安いのは良いが、全体的に運転が荒い。地下鉄もバスも、吊り革に捕まってないと急ブレーキで吹っ飛びそうになる。

    信号が変わるのがかなり遅い。かと言って信号無視とかすると、車が結構なスピードで突っ込んでくるので危険。

    地下鉄はほんと使いやすい。最初は淡水信義線とかの乗り換えが良く分からないが、一度慣れると案内を追っていけば乗り換えも楽。電光掲示板もそこらじゅうにあるし。
    結局最初からEasypassだけ使ったので、台湾版乗車券であるトークンは使わなかった。
    台北101から故宮博物院に行くのは地下鉄とバスで一時間位かかるんだが、合計で$27とかだったかな。日本円で100円。

    電車はEasypassが使えるのかどうか分からないが、とりあえず受付に行き先を連呼しておけば通じる。特急券+指定席で1人$60とか、電車も安い。今回は台北だけだったが、台中や台南行くのも値段的には問題なさそう。

  4. 食べ物
    食べ物はどれ食べても美味しい!とは聞いていたが、やはり屋台のよく分からないものを食べるのはなかなか勇気がいる。
    初日に九份でイカのてんぷらみたいなの食べたけど、あれだけだったな。コンビニで売ってるおでんや、ひび割れているゆでたまごとかはちょい怖い。街中で売ってる肉まんや、ふっくらした何かは美味しそうだったが。

    店の水はぬるい。つまりは水道水なのか?生水はさすがにあまりよろしくないという話なので、店でもミネラルウォーター頼む方がいいのかもしれない。そんなに高くないし。
    ジュースは見たことあるようなものばかり。デザインや漢字の読みで結構分かる。コーラとかファンタとか。あと、ルートビアなどもあった。そして台湾ではヤクルトが普通に流通している。日本のより少し大きめの容器。味も一緒。

  5. 観光
    故宮博物院の注意書きは以前の日記に書いた。
    「旅行苦手なのに台湾旅行3日目+故宮博物院の注意点」
    http://papalonia2.exblog.jp/23808198/

    物乞いや、おみやげ売りつけてくるうざいのとかいないし、観光ボランティアやそこら辺の人も、ちょっと困ってたら助けてくれたり、日本語で話しかけてきてくれたりする。
    一番邪魔なのは同じ観光の人だな… 特にツアー客は場所取るわうるさいわマナー悪いわで、旗を見かけた瞬間に立ち去りたくなる。まあ、同じ観光客ということで同族嫌悪的なものもあるのかもしれないが。

  6. その他
    トイレで使った紙は水に流さずに、横に設置してあるゴミ箱に捨てるという文化。自分が使ったのはホテルのだけだったのでやらなかったが、基本的にはゴミ箱システムらしい。故宮博物院でもそれだったはず。
    日本に帰ってきて、空港のトイレで「使用後の紙はそのまま流して下さい」の注意書きがあってようやく実感した。

    事前情報で聞いていたとおり、日本で台湾ドルに両替するよりも、台湾についてから空港でやった方がレートが良い。

[PR]
# by papalonia2 | 2015-03-22 23:59 | 旅行記